1.ものづくり補助金が補正予算ではなくなる?

今期もカロリーアンサー導入に際し、複数のクライアント様が「ものづくり補助金」に申請して見事獲得、カロリーアンサーの承認実績が上積みされました
ものづくり補助金は、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援することを目的された補助金です。

中小企業庁では平成31年度の予算の概算要求に、100億円の「ものづくり補助金」が盛り込まれました。
この「ものづくり補助金」、今までは補正予算でしたが、広く全国への認知度も高まった為、予算化することで補助金の定着を図ることになりました。

2.ものづくり補助金を予算化するとはどういうこと?

補正予算とは、予算が成立した後、予算通りの執行が困難になった場合、本予算の内容を変更するよう組まれた予算を指します。
つまり、ものづくり補助金はあくまで「もともと予算には入っていないが、やむにやまれぬ事情で仕方なく、会期の途中で予算に組み込んだ」という形を取っていたのです。
それが今回初めて、もともとの予算に組み込まれる、つまり予算化されたのです。

それにより来年度は、予算化された100億円、そして例年通りに補正予算の1000億円が加われば、潤沢な予算の元、補助金が実行されることが想定されます。

来年度はさらにパワーアップするであろうものづくり補助金。

確実に受給したいのであれば、今の内に準備を進めておいても、早すぎることはないかもしれませんね。