【納入完了会社】掲載データ未整備分

東京ガス株式会社 技術開発様

東京都立瑞穂農芸高等学校様

分析検査機関(株)エフイーエーシー様

※掲載分以外に、非公開希望会社様が多数いらっしゃいます。

日清製粉グループ本社様納入

生活協同組合コープかがわ様納入

みやぎ生活協同組合様納入

【動物看護士養成】ヤマザキ学園大学様納入

【成田空港】JALロイヤルケータリング株式会社様納入

本格点心超級厨房、亜細亜食品株式会社様納入


商売のために迎合することはない。私達は使命感を持った専門家集団だから。私達の姿勢はともすれば誤解されがちでした。「態度が悪い」とか「生意気」とか非難を浴びたこともあります。
しかし、①香港五つ星ホテルグレードの点心を提供しましょう。②化学調味料をはじめとする添加物の使用を止めましょう。③冷凍技術を上手に使いましょう。④食文化レベルの低い国の商品は安い―賃金も安いから。しかし危ない。
私達は殊更攻撃的な言葉を使わなくても皆様の信頼とご期待を充分戴くに至りました。
私達の姿勢や方針が余りに珍しかったので胡散臭く見られただけで、今となっては当然の企業方針となりました。勿論、それなしには私達が此処まで成長することができなかったでしょう。厳しい規律を自らに課すことは決してラクではなかったけれど、辛い年月を重ねて来て、全く後悔して居りません。今後訪れるであろう逆境にも絶対負けることなく、真実から目を離すことなく、法に叶い、情に叶う、美しい企業であり続ける積りです。お考えください。簡単に頭を下げ、方針を変え、中には社名まで変えて目くらましを計る企業が御社に貢献して来たか否かを。私達は遠回りしても、しっかり一歩一歩を踏みしめながら歩んで参ります。本年も楽しく仕事を共にさせてください。亜細亜食品株式会社 藤本 飛呂

納品後のおもてなし、できたての「小籠包」の美味さは半端ありませんでした。
本当に、本当にありがとうごじました。

パナソニック電工株式会社様納入


家電メーカーに家電機器をプレゼンするのは、少し得意な感じがする。
鋭い質問にも問題なく返答できるのは、なんと言っても開発者の勝利。
大手家電メーカー2社目の導入となりました。

ありがとうございました。

株式会社食品微生物センター様納入

食品微生物センター様は、神奈川県小田原市から全国に「細菌検査・異物検査」事業展開会社です。
関連事業として、「栄養成分分析」に注目されてお問合せいただき、八重洲デモ会場で概要説明とデモ見学に来社くださいました。

機能がアップした新機種「CA-HM」1号機の導入で合意。
専任のオペレーターも決まって、「受託測定」事業がスタートしました。
勇気ある決断ありがとうございました。

食品関係流通最大手、株式会社日本アクセス様納入

食品、農産物、酒類、タバコ、医薬品、医薬部外品、化粧品、肥料、飼料、園芸用品等の販売及び貨物運送取扱事業。
売上1兆4,169億円(2010年度・連結)「(株)日本アクセス盛岡支店」テストキッチンにご導入いただきました。

食品流通大手、株式会社西原商会様納入

食品業界トップクラスの社内ラボからリクエスト!鹿児島県(株)西原商会様にご導入いただきました。
尚、西原商会様には、鹿児島工場品質管理に1台、1年後福岡品質管理に1台、合計2台導入いただきました。

最初のお問合せは、忘れもしない今年6月1日、品質管理部主任 郷さんからお電話を頂戴いたしました。
その時交わした会話は今でも鮮明に甦ります。

私はカロリーアンサーを専従普及活動5年のキャリアを持つただ一人の人物、暗中模索の1号機を抱え開発者と二人して全国行脚に汗した経験を持つ身です。
その5年間に、数々の食品会社、研究所、大学の栄養士様や代表者様と、カロリーアンサーご縁で会話を交わす機会に恵まれ鍛えられ尽くされ、おそらくそこで格段の真意を読み取る能力が身に付いたのかもしれません。

カロリーアンサーを今すぐ切実に必要とされてのお問合せか、興味段階の「有ったら便利かな」程度のお問合せなのかは、お電話で最初に交わす言葉と雰囲気で推測出来るようになります。
品質管理部主任の郷さんは、確信を持った口調で活用ビジョンと必要とする必然を論理整然とお話しになりました。

なぜなら西原商会様品質管理部は、郷主任と若い女性スタッフ2名たった3名で、1ヶ月1千検体の「栄養評価」「微生物」検査をこなすスーパーラボなのです。
ただただスゴイ!の一言。今までご訪問した企業中、品質管理は間違いなくトップクラスと太鼓判の押せる企業風土に満ちていました。

ラボの設備も優秀で使い込まれた最先端機器が惜しげなく並んでいます。
タンパク質のケルダール分析器、脂肪分析器、旨味センサー等、全国の支店営業所からの依頼を一身に受け、毎日フル稼働で誠実にこなされているのです。ただ従来の測定機器は前処理に要す時間や濃硫酸の使用で周辺環境や人体への影響が問題とされてるようでした。

そんな作業量の多いラボに、「カロリーアンサー」は正に救世主の出現、大歓迎でご導入いただきフル稼働する栄誉に預かりました。
取り扱いが簡単で試薬や危険が伴う作業も無いため、ストレスもなく設置後ただちに本稼働でご利用いただく機器となりました。

医療法人八女発心会 姫野病院様納入

●お問合せから納品までの感動ストーリー
2011年05月21日 数十通届いたカロリーアンサー受付専用BOXに「(2)商品詳細/電話打合せ希望」選択のメールを受信いたしました。
≪八女発心会 姫野病院 内科・血液浄化療法科 姫野 亜紀裕様からです≫

メッセージ欄には「病院での患者教育や、スタッフ教育にと考えております。
どの程度の実用性があるか、病院での使用経験などを教えていただければ幸いです」と、具体的なご質問が記されていました。

即日、資料を取り揃え宅配便で急送させていただきましたところ25日には、「昨日資料が届き、理事長に値段も含め話しましたが、かなり前向きで、是非デモをお願いしたいと言っております。
お忙しいとは思いますが、購入を前提にデモをお願いすることはできますでしょうか?」とのメールを受信いたしました。
≪早い!反応が早い、進化発展著しい企業様特有のスピード感です≫

最後に下江から一言です。
「カロリーアンサーは精密機器ではありますが、見かけによらず大変丈夫に出来ています。
ハードに使って使って使い倒してください。自分の分身と思えるくらい使い込むと、いろんな可能性が見えて来ます。
そこから次のステップ、独自の活用法まで発見ください」

北海道札幌市、日糧製パン株式会社様納入

今回の日糧製パンさんも、躍進企業共通の柔軟な思考と即行動できる軽快なフットワークをお持ちの製パン業界気鋭の企業様でした。 初めてのお問い合わせから1週間後には、大阪市南港のATCに展示中のCAを見学にお見えになり、そこで簡単な測定を体験いただきました。
帰社数日後、ぜひ直接詳細説明を聞きたい、検体測定も見学検証したいので、ぜひ札幌まで訪問デモに来社してほしいと、情熱的要請をいただきました。
とは言っても、今まで夢健太郎のデモ訪問の最北は青森県八戸、津軽海峡を越えて北の大地までは・・・
距離もあるため即決しかね数日返事を迷ってるうち今度は購入予算が認められたとのご連絡、いよいよ本気の姿勢を受取りました。

お問合わせから納品ストーリー
2009 2月17日 製造本部製造サポート室 大西智子主任より資料請求
2009 2月25日 大阪ATC展示場に来訪(大西智子主任 高橋晴彦主任)
電話による数回の打合せの後、デモ訪問日程決定
2009 3月27日実演デモ訪問
2009 5月18日納品(オペレーター育成レクチャー&試運転設置)

ご見学いただいた皆さん、終了後直ちに現場に戻られ恒例の記念撮影は今回のご準備を一人で取り仕切っていただいた大西智子主任のみとなり、このあと後かたずけからお見送りまでいただきました。
本当にありがとうございました大西さん・・白衣と帽子が素敵でしたよ!

アルカディア市ヶ谷 私学会館様に納入

最近カロリーアンサーは、テレビやメディアでのご紹介回数が格段に増加、 おかげ様で知名度もUP、全国の大手スーパー様、お惣菜お弁当産業様を はじめ、食品取扱企業様からのお問い合わせ件数はグーンと増えました。
そんな毎日の中で、お問い合わせいただく言葉に心が響くことがあります。
と申しますのが、カロリーアンサーもすでに発売して2年以上になるため、業界の噂話で聞いたりテレビでご覧になったりで、少なからず好奇心から 一度お目にかかってもいいかな・・くらいの軽~い動機でのお問い合わせ が結構あるのです。 外食産業ホテル旅館業界もしかり。
興味や好奇心はあっても、社内で具体的に導入ビジョンを練り合わせた後、デモ依頼を出されるという、順序を踏まれる企業様は以外に少ないのです。

反面、アルカディア市ヶ谷 私学会館様は、お問い合わせの第一報からデモ~納品に至るまで、対面したお一人お一人から終始一貫、熱い想いと品格を感じながらの商談で、本当に印象深い体験をさせていただきました。


調理部門スタッフは現場で実際の使いこなしを想定し、 役割分担を協議しながら真剣に研修いただきました。
お問合わせから納品ストーリー
2008 11月5日 洋食宴会調理長 中野秀樹様から資料請求
電話による数回の打合せの後、デモ訪問日程決定
2008 11月18日 実演デモ訪問
2008 12月13日 納品(オペレーターレクチャー&試運転設置)


レクチャー終了後、好例の記念写真です。(コックさんと右端がメーカー責任者、左から二人目が夢健太郎(下江)右隣が浜崎総料理長

4号機は、食品流通業、株式会社ユニバース様に納入

 

今回導入いただいた株式会社ユニバース様は、青森県・岩手県・秋田県に39店舗を展開されるスーパーマーケット、2007年 4月 東証二部上場を達成された陸奥の食品流通大手企業です。
テレビでカロリーアンサー完成をご覧になり、メーカーが同じ青森県であることに特別な感情と親近感を込めたお問い合わせのお電話をいただきました。

猛暑の2006年7月12日14時20分予定の40分前、大汗を拭きながら八重洲会場の待合にお見えになりました。
最初にお電話をいただいた、商品部 品質衛生検査グループ長小澤さん、商品部 惣菜グループ長小山内さんのお二人、ご遠路を青森県八戸からご来場いただきました。
先客デモの後片付けがやっと終わって、一息入れようと座って間なしの事でした。

東京の夏日は東北県人には地獄です、八重洲地下街をくぐって住友生命ビルまでの数分で、したたる汗にワイシャツもグッショリ、まるで水浴びをしたようなお姿でご来場、ホントにご苦労さまでした。

ハイ、好例の記念撮影ですが、なぜか表情が硬い?貴重な体験真剣なんですね。

納入経過
2007年5月16日
ご購入予算決定のご連絡をいただき、その後書類上の問題をクリアー
2007年6月8日~9日
製造メーカーから直接納入に訪問して、テスト測定 <<公開デモ測定値>>

2007年6月14日
納品完了 ありがとうございました。

3号機は、食品流通業、株式会社タカラ・エムシー様に納入

今回ご購入いただいた株式会社タカラ・エムシー様は、静岡県東部・伊豆・中部・西部地区・群馬・神奈川・愛知・岐阜・三重の各県下に、食料品流通される企業様ですが、近年の業態拡大スピードは目を見張る勢いがあります。

ライフスタイルの変化により売り上げ急伸中の手造りの『お惣菜』の数々。 業界では、顧客のニーズや嗜好に応えるため、商品開発にしのぎを削っておられますが、出来立てをパック詰めされた『お惣菜』に、カロリー表示を考える親切なお店は全国にまだ少ないのが実状です。

加工方法や販売の演出には熱心でも、カロリーの公開は売り上げに係わると二の足を踏む経営者はまだ多く、企業内にも賛否両論あるのが現状ですが、そんな食品業界の中でも、味覚で美味しく感じる栄養素は糖質や脂質でありそれこそ健康に留意するご家庭や、カロリー管理をされてる人にとっては情報の提供こそ顧客本位であると、ポジティブな発想で即行動できる先進企業が株式会社タカラ・エムシー様だったのです。


インターネット検索からお問い合わせいただき、東京・八重洲会場ご案内まで3週間ほどの最短、それほど情熱溢れた惣菜部・西川部長が、お忙しい日常業務に都合をつけて、デモ測定にご来場いただきました。

奥様が栄養士資格をお持ちのため、西川部長(上写真:左)ご自身に栄養学やカロリーに 関する知識が半端でなく、的確なご質問内容や機能説明に関する理解の速さに、久々に快い充実感を得られました。

納品予定時間の午後1時、お店スタッフさんに案内されて西川部長の待つセントラルキッチンに入りましました。

カロリーアンサー(フェラーリーレッド)は、待ちかねた西川部長の手ですでに開梱されて鎮座しておりました。

2号機は、海産物流通業 豊和商事有限会社様に納入

2006年7月12日、東京八重洲口にカロリーアンサー専用デモ会場を開設、 なんと開場一番にご来場いただいたのは、西国九州から遠路駆けつけていただいた豊和商事様でした。

午前10時30分のお約束を少し早め5分前にはご到着、世界初のカロリー測定器に出会って少し紅潮気味の熊本工場長。海産物流通の中で独自のご使用法を模索、業界が思いもつかないような品質管理と画期的流通を計り、業界のリーディングカンパニーを目指す熱い思いをお聞かせいただきました。

カロリーアンサーは、到着を待ち焦がれた熊本工場長によって開梱され、所定の位置に鎮座しておりました。先端技術で海産物流通革命を夢見る工場長(左)と、開発者三浦(右)は技術好きで意気投合、検体の測定データー管理がしやすいようにカスタマイズを約束、和やかな雰囲気のお引渡しでした。
(カロリーアンサーは情熱の象徴、フェラーリーレッドが眩しい)

じつはこの部屋の室温は18度に保たれた試験室なのです。豊和商事様は単なる流通業にあらず、他の同業者がご覧になったら驚かれるような先端技術を使って、流通革命を起こそうと意欲的に挑戦されています。

内部はトップシークレット、撮影禁止の約束で先端機材のご紹介はできませんが、海産物流通革命は、こんな企業から必ず起こるのです。


左が、夢健太郎(代表下江)です。

1号機は、 2008年6月28日(株)ガイア【知食旬菜 ETSU】様に納入

カロリーアンサーをTV放映でご覧になった瞬間、新規ビジネスの決め手はコレと閃かれたそうです。
TV放映から発売まで約1年、その間、完成までの進捗状況をたびたびお問い合わせいただきました。

特に、新規ビジネスの社会的使命・ポリシー・ビジネス展開の意気込み・カロリーアンサーに賭ける熱い思いを、きれいな手書き文字のお手紙でいただき、身に余る光栄と心から感動いたしました。

こうして世界初!感動の1号機は、めでたく、ビジネスの展開上あらゆるシーンで、最大有効にご活用いただける、
◆(株)ガイア◆様に、ご購入いただきました。
本当にありがとうございました。

現場で実際にご活用いただく、【知食旬菜ETSU】の管理栄養士の先生方と、(有)夢健工房代表(シモエ)です。人気カラー(シルバー)をご購入いただきました。

左下:納入時に製作スタッフから、ご使用方法や注意事項を丁寧にご説明致します。

右下:開店準備中のお店です。(残念ながら工事中で詳細をお伝えできませんが、レイアウト、装備,備品とも超豪華、水のせせらぎと光のペェージェント、シャンデリアを囲んだテーブル配置のレストラン、何もかもが、先進のニューコンセプトでした。

 

スタッフ一同心よりお礼申し上げます。
新規事業のご発展お祈りいたします。