<カロリーアンサーの特徴>

近赤外線分光分析法は、1100㎚~2200㎚ の広範囲波長の近赤光を測定対象物へ照射し、分子振動と光波長の吸収減衰による、透過光・反射光をセンサーにて感知したデータを、弊社独自の解析ソフトにて、栄養成分を数値化することを可能としている。

カロリーアンサーで測定可能項目は、熱量(Kcal)・たんぱく質(g)脂質(g)炭水化物(g)水分(g)アルコール(g)アルコール(%)を約3分間にて測定することが可能である。
他に塩分計を接続することによって、食塩相当量(g)ナトリウム(㎎)の測定値を、パソコンにて一括管理が可能である。

測定精度向上のために、日本食品標準成分表七訂の分類に合わせ、測定モードを大分類し、さらに食品を構成する成分含有量の特徴に合わせ、小分類化した測定モードを設定することにより、産地や季節、生産環境による違いを精度よく測定することを可能にしている。

一般的に日本食品標準成分表七訂を用いた場合、上記のような差を見出すことは不可能であり、差別化された商品の付加価値を見出すことはできない 。

<比較表>

カロリーアンサー 理化学分析 栄養士 光品質チェッカー 食育SATシステム e-BASE・ 食品大目付そうけんくん
測定方法 近赤外線
分光分析法
試薬や計測機器にて物理量を分析算出 データベース
参照値積算
近赤外線
分光分析法
サンプル品
データ積算
データベース
参照値積算
測定者 誰でも可能 専門家 専門家 設定必要 誰でも可能 専門知識要
工程 装置に食品を入れるだけ 専門分析機関に食品サンプルを送付 食品レシピを基に
各食材別に分量を
計測し算出・積算
製造ライン
サンプリング
多量の食品サンプルから選択必要 食品レシピデータの入力必要
時間 約3分~10分 約2週間 約10分~120分 数秒 約3~5分 約10分~30分
測定対象 調理前・調理後 調理前・調理後 調理前 調理後
メリット ・時間と手間がかからない
・調理法、生産地などのカロリー変動要因に左右されない
・食品に対して
唯一の公定法
調理前レシピにて
計算可能
・定量測定器
・良否判定機
誰でも目視で
食品サンプルを
選択できる
栄養に関する
知識不要
デメリット 炭酸などの前処理に時間が掛かる場合がある ・時間が掛かる
・コストが高い
・炭水化物は計算値
・調理法、生産地など変動要因に対応不可
・食品の残渣の計算不可
・測定結果は
製品%表現
・検量線データ作成が必要
・食品サンプル数が莫大
正しい数値を求めることは出来ない
・データベースを利用する知識が必要
・調理法、生産地など変動要因に対応不可
価格 オープン価格 600万円~ 400万円~ 70万円・400万円